ボリンジャーバンドのFXトレード手法と使い方

メジャーなトレンド系インジケーター「ボリンジャーバンド」の使い方やトレード手法について、FX初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

 

トレンド系インジケーター「ボリンジャーバンド」とは?

 

ボリンジャーバンド(bollingerband)の意味は?

1980年代にジョン・ボリンジャーという投資の研究科が考案したトレンド系インジケーターです。

ボリンジャーバンドの役割は、価格の勢いや反発ポイントの目安、トレンドの継続を教えてくれるテクニカル指標です。

中心に移動平均線があり、その上下に1~3本のバンドを表示させることができます。バンドはMAではなく、ある計算方法で算出されています。1σ、2σ、3σのラインがあり、統計学の標準偏差と移動平均線で形成されています。

  • ±1σのライン内に価格が収まる確率は68.3%
  • ±2σのライン内に価格が収まる確率は95.5%
  • ±3σのライン内に価格が収まる確率は99.7%

 

中心のMAから±1σは一番内側のライン、±2σが2番目のライン、±3σが一番外側のラインです。99%ってすごいですよね。

価格のほとんどはボリンジャーバンド3σ内に収まって推移しているということになりますね。ほとんどは収まっていることになりますが、収まらずにラインからはみ出ることも全然あり得ますので注意が必要です。実際、上のチャート画像の左の方では3σから大きく出ていますよね。

 

ほとんどはラインからはみ出ないことが多いので、ラインで反発されやすいことは確かですが、それだけの知識でトレードを繰り返しているとおそらく勝てないでしょう。

ではどのようにトレードをすれば良いのか、まずはボリンジャーバンドについて知っていきましょう。バンドがどのような動きをするかも後ほど説明します。

 

 

バンドの計算方法

計算方法は難しいです。これを知ったからといって勝てるようになるとは思えないので、覚えなくて良いと思います。

  • 上部バンド:単純移動平均線+2標準偏差(σ)
  • 下部バンド:単純移動平均線-2標準偏差(σ)
  • 標準偏差(σ):ボラティリティー(予想変動率)

標準偏差= √1/μ × ((ローソク足の終値 – μ)の二乗 + (1本前のローソク足の終値- μ)の二乗 + … + (X – 1本前のローソク足の終値- μ)の二乗)

 

 

エンベロープとの違い

似たようなトレンド系のインジケーターでエンベロープというものがあります。MAを中心にバンドが複数本表示させられているインジケーターで、見た目も使い方も似ています。

ボリンジャーバンドとエンベロープの違いは、まずバンドの計算方法です。エンベロープは中心のMAと平行に上下にバンドを表示します。ボリンジャーバンドは中心のラインのみがMAなので、バンドは全くの別物です。

 

他に違う点はボリンジャーバンドはMAの期間だけ設定すれば良いのですがエンベロープはMAの期間設定の他にパーセンテージも自分で設定しなければいけません。

さらにボリンジャーバンドはチャートに表示させてしまえば、全ての時間軸に対応してくれますが、エンベロープは決めた時間軸でしか有効活用することはできません。

 

この3つの点がエンベロープとボリンジャーバンドとの違いです。まとめますと、

  • バンドの種類や計算方法が違う
  • エンベロープはMA以外にパーセンテージの設定が必要
  • エンベロープは決めた時間軸でしか有効活用できない

エンベロープのFXトレード手法や使い方

 

 

ボリンジャーバンドのパターン

ボリンジャーバンドと価格の動きにはいくつか種類があります。

 

スクイーズ

スクイーズは収束している状態です。相場はトレンドとレンジを繰り返しますが、レンジでもみ合っている時はボリンジャーバンドもMAも収束しています。

枠の中のバンドはキュッと収束していますよね。値動きもあまりありませんよね。スクイーズになっている時は迷い相場だと把握することができます。

ただ値動きが激しくなると、バンドが急に広がっていますよね。それが次のエクスパンションです。

 

 

エクスパンション

エクスパンションは値動きが大きくなりバンドも上下に広がる状態のことを言います。価格が動いた方向だけでなく、反対側のバンドも広がっているのが分かると思います。

エクスパンションはレンジからトレンドに変わる時や値動きに勢いが強い時に出現します。スクイーズはエクスパンションになる前兆で、力を溜めていると考えても良いでしょう。

 

 

バンドウォーク

名前の通り価格がバンドの上を歩く現象です。先ほど説明した通り価格は高い確率でバンド内に収まりますが、トレンドが強い場合はバンドからはみ出ます。

はみ出て反発するかと思いきや、そのままはみ出ているのかはみ出ていないのかみたいな状態、つまりバンドウォークになることがあります。

バンドウォークがあるので、バンドに触れたから反発を狙うということをしても失敗に終わることがあります。バンドウォークが出現したら強いトレンドだと思って良いでしょう。つまり逆張りではく順張りの方が良いということですね。

さらにバンドウォークが出た時はボリンジャーバンドの向きが同じ方向を向いていることが多いです。その状態はトレンド継続の可能性が高いので注目して見てみて下さい。

続いてはボリンジャーバンドの使い方について説明していきます。

 

 

ボリンジャーバンドの使い方

 

ボリンジャーバンドをMT4に表示させる

MT4のインジケーターリストをクリック→ トレンド→ ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

そうするとこの画面が出てきますので、MAの期間設定と偏差を指定します。偏差を1にすれば1σ、2にすれば2σが表示されます。3種類表示させたい場合は偏差の数値だけ変更して3回繰り返します。ラインの形状や色などの変更も可能です。

 

 

バンドを反発で逆張り

ボリンジャーバンドの使い方として有名というか知れ渡っているのがバンドで反発したら逆張りするというものです。

逆張りも良いと思いますが、トレンドが強いとバンドウォークでエントリーした方とは逆の方へ勢いよく進んでいく可能性があります。

つまりこの逆張りが使えるのは強いトレンドが出ていないレンジの時になります。トレンドが出ている時にやったら、損切を重ねてしまうことになりますからね。

考案者のジョン・ボリンジャーは、ボリンジャーバンドは逆張りシグナルとして使うものではなく、順張りの指標だということを言っています。その順張りを見ていきましょう。

 

 

トレンドへ順張り

逆張りとは逆でバンドウォークに乗って順張りをします。バンドから終値が出ている場合はトレンド継続とみなし、その方向に順張りします。

黒〇は3σのバンドを終値が出ています。その後トレンドは継続していますよね。

バンドから出たから買われ過ぎ、売られ過ぎではなくトレンドの継続として確認し、トレンドに乗るようなトレードをします。ただ、バンドからはみ出たからその方向にエントリーはそのまま過ぎるので、あくまで指標の一つとして捉えて、そこからトレード戦略を練っていきましょう。

 

 

レンジブレイクアウト

長く続いているレンジだとボリンジャーバンドも収束しています。長く続けば続くほど強い動きが出てバンドから出た場合、その方向へトレンドが形成されることが多いです。

レンジをブレイクアウトした後、σ3から終値が出ていますよね。その後トレンドが長く続いているのが分かります。

 

 

利確位置にする

バンドから出たら利確という目安にすることができます。値動き的には結構激しいからバンドから出ていることになりますからね。ただ、トレンド継続の可能性もあるので、一概に利確位置にすれば良いということではありません。ケースバイケースです。

利確位置がなかなか決められない、どこに設定すれば良いか分からない方は目安にしてみても良いと思いますが、その利確位置が適しているか、適していないかはその人のトレード方法にもよりますので、まずは自分で検証することをおすすめします。例で1つ挙げてみます。

下落トレンド中で直近安値のラインまで戻ってきたので、黒〇の位置で戻り売りでエントリーしたとします。

利確は赤い〇です。1つ目の赤〇でσ3に触れています。安値を更新して再度直近安値ラインまで戻ってきたので、再び戻り売りしてみるとします。σ3を超えた赤〇で利確です。これはあくまで例なので参考程度にお願いします。

 

 

間違った使い方

バンドに触れたら逆張り、順張りといっただけの使い方はあまり上手くいかないと思うのでおすすめしません。

ボリンジャーバンドに限らずですが、1つのインジケーターの指標のシグナルで売買するのは得策とは思えません。何か他の指標と組み合わせて使うことがおすすめです。

 

あとは、ある時間軸だけを見て取引するのはおすすめしません。上位足で大きな流れを見て、下位足でタイミングを掴むのがおすすめです。例えば、こちらは1時間足のチャートです。

大きな流れは下落トレンドで、高値、安値を切り揃えています。これは5分足チャートで見てみます。

σ3に触れています。5分足だけ見ていてσ3にきたから反発でエントリーするより、さらに何か他の根拠があった方が良いですよね。それを上位足で確認します。時間軸だけでなく他のインジケーターなどで根拠を増やすことは可能です。

続いては具体的にどのようなボリンジャーバンドを使ったトレード方法があるかを紹介していきます。

 

 

FXでのボリンジャーバンドのトレード手法

 

押し目買い、戻り売り

ボリンジャーバンドを使ったかなり単純な手法です。

1時間足や4時間足などの上位足で大きなトレンドの流れを確認します。このチャートでは下落ですね。下落トレンドなのでショートしかしません。

ボリンジャーバンドはσ2かσ3で逆張りで使います。逆張りと言っても大きなトレンドには逆らわない方向にトレードしますので問題ありません。

そして先ほども伝えましたが、バンドから出た部分が直近高安がレジサポになっているところやピボットポイント、フィボナッチ数列、MAなど他の根拠があれば尚優位性のあるトレードができるのではないでしょうか。

 

 

レンジ相場で逆張り

スクイーズしている状態で、高値と安値を切り揃えているならレンジの可能性が高いので、σ2、σ3で逆張りをします。

RSIなどのオシレーターを使って買われ過ぎ、売られ過ぎを見ながらタイミングを掴むのも良いと思います。相場の多くはレンジと言われていますからね。やり方次第では勝てるのではないでしょうか。

RSIの使い方や手法はこちらの記事にまとめましたので良かったら読んでみて下さい。

RSIのFXでのトレード手法や使い方

 

 

これらの紹介したボリンジャーバンドを使ったトレード方法は私が使っている訳ではありませんし、検証もほとんどしていません。例として出しただけのものです。

ヒントとして使うなら良いと思いますが、このまま使うのはおすすめしないというか、やめて欲しいです。多分勝てないので。

 

私の使っている手法はこちらの記事にまとめてあります。良かったら読んでみて下さい。