FXのチャートパターンの種類

FXにはチャートパターンがたくさんあります。チャートパターンをFX初心者の方やこれからFXを始める方にも分かりやすく解説します。

 

FXのテクニカル分析【チャートパターン編】

チャートを見ていると同じような動きをしたり、似たような形になったりすることがあります。それをチャートパターンと言います。

有名なチャートパターンはいくつかあって、教科書通りの綺麗なチャートパターン出来上がることもありますし、出来るかと思ったら全然違う形になったりします。

 

だったら覚えなくていいんじゃないかと思いますが、多くの投資家が意識するからこそ知っておかなければいけないのです。

思い通りの形にはならなくても、どこで意識されそうかというのを分かるだけで十分です。そこから自分のトレード方法を見つけていくことができれば良いと思います。

 

チャートパターンの種類の前にローソク足について心配だという方は、まずはこちらの記事からお読み頂くことをおすすめします。

ローソク足の意味や種類をわかりやすく解説

 

 

FXのチャートパターンの種類

 

天井・大底で見られるチャートパターン

 

ダブルトップ・ダブルボトム

相対的に天井や上の方に位置する時にダブルトップ、大底や下の方に位置する時にダブルボトムが形成されることがあります。

ダブルトップは「M」の形で、ダブルボトムは「w」の形をしています。実際にダブルボトム、ダブルトップが出た時のチャートです。

こちらがダブルトップで、

こちらがダブルボトムです。

綺麗な形の時もありますが、少し崩れた形になる時もあります。そこは抽象化してみて下さい。

 

天井圏でダブルトップが出て、ネックラインを割ればそのまま下がっていく可能性が高い、というのが教科書的な知識として覚えておいて下さい。

逆にダブルボトムは大底圏で出て、ネックラインを割れば上昇していく傾向があります。

 

ネックラインとは「M」の真ん中のところです。

このネックラインよりも下がってくれば、ネックラインの上の部分の倍は下落すると言われています。あくまで教科書的な知識なので、全然違った動きをすることもありますし、教科書通りに動くこともあります。

 

 

トリプルトップ・トリプルボトム

ダブルトップ、ダブルボトムの1つ増えたものです。若干切り下がってますけど。

あまりトリプルトップ、トリプルボトムは出現しません。その代わり出現したときはダブルボトム、ダブルトップよりも期待しても良いと思います。

何度も試してますよね。何度も同じラインや領域を意識して反発されていると、それを抜けた時は強く動きます。

トリプルボトム、トリプルトップも同じようにネックラインを抜けたら売買シグナルです。

 

ダブルトップ、ダブルボトム、トリプルトップ、トリプルボトムどちらにも言えることですが、ネックラインを抜けたら一度ネックラインまで戻って来ることが多いです。

そこを狙うことができたら、戻った時の不安を感じずに済みますので、余計な心配をしなくてよくなります。

 

 

ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダーはよく出現します。この画像は逆三尊です。三損はこの逆向きですね。

名前の通り頭と両肩があるような形をしていているので、ヘッドとショルダーです。

ネックラインは肩のところで、肩を抜けたらエントリーです。何回も言いますが、教科書的な知識です。

三尊の肩が切り下がっているか、切り上がっているかで、その後の上昇の仕方を予測することもできます。あまりきれいな形ではない三尊もあるので、気付けないことも最初はあるかもしれません。

 

 

ソーサートップ・ソーサーボトム

よくU字のアーチとか言われます。ゆったりとしたアーチ状の橋のような形のチャートパターンです。

上に上昇していきそうだけど、上がってきた感じで下がっていく、みたいなチャートパターンがソーサートップです。

これのエントリータイミングは難しいですね。上げがそこまで強くなく、むしろどんどん弱くなっていき、下がってきたら怪しいかもしれませんね。

1つのチャートパターンとして認識しておく程度で良いでしょう。

 

 

V字・逆V字

名前の通りVの形をしたチャートパターンです。一気に下落したと思ったら、同じ速度で上昇してVの形を形成します。

ほとんど同じ速度で戻してますよね。これはダブルボトムなどに比べるとエントリーのタイミングが難しくなっています。

急速に回復するので、Vの途中でエントリーすると、気付いたら逆に動いていて損切しなければならなくなるので注意が必要です。

 

 

カタカナの「レ」と「逆レ」

Vに似ていますが、Vと違うのは回復するのに時間がかかっているところです。

Vは下げも上げも同じくらいのスピードですが、レはゆっくりと返ってきて急騰急落前水準まで戻らないことが多いです。

 

これらのチャートパターンはトレンドの転換点にも出現しやすいので、教科書通りになった場合トレンド転換したと思っても良いでしょう。

教科書通りにトレードしていれば勝てる時もありますが、負ける時もあります。教科書的な知識を鵜呑みにしないでトレードするようにしましょう。

 

 

レンジで見られるチャートパターン

 

ボックス

これはただのレンジですね。高値も安値もほとんど切り揃えて、ブレイクした方に伸びていくチャートパターンです。

しばらく横ばいになったらどちらかに大きく抜けていくと思って良いでしょう。レンジ系のチャートパターンは横ばいの期間が長ければ長いほど、その後の動きが大きくなる可能性が高いです。

抜けたと思ってついて行って、それがダマしとなって逆方向に大きく動き出すことも多いです。

 

 

三角保ち合い

レンジで出現しやすいのが三角保ち合いです。ペナント、トライアングルなどとも呼ばれ、横に三角の形を作ります。高値は切り下げて、安値は切り上げます。その結果形が三角になっていきます。

三角を抜けた後は割と大きく動きます。三角が来たら、これから大きく動くための力をためていると思っていいと思います。

下に抜けたと思ったら、その後急上昇した、なんてこともあるので、抜けた方についていくのは安易な考えです。FXの教科書はあまり使い物になりません。ただ、意識されるポイントを抑えることはできます。

 

 

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングル

三角保ち合いに似ていますが、どちらかのラインが水平になるのがアセンディング、ディセンディングトライアングルです。

三角保ち合いは高値を切り下げ、安値を切り上げましたね。アセンディングトライアングルの場合は安値が切り上げたら、高値は切り揃えます。

ディセンディングトライアングルは高値が切り下がったら、安値は切り揃えます。

こちらがアセンディングトライアングルですね。抽象化して見て下さい。高値を切り揃えて、安値が切り上がってますね。あとは上に抜けていきます。

 

 

トレンドで見られるチャートパターン

 

上昇フラッグ・下降フラッグ

フラッグはトレンドの押し目や戻りにあたるチャートパターンです。メインのトレンドに比べて小さい値幅のトレンドを作ります。

上昇トレンドの押し目ですね。高値も安値も切り下げて綺麗な形になります。押し目、戻しを見分ける際に使えますね。ブレイクしたら上昇トレンド継続です。

 

 

上昇ウェッジ・下降ウェッジ

上昇ウェッジはトレンドなどで出現し、レジスタンスラインよりもサポートラインが急になります。上昇の限界のようにも見えます。

三角保ち合いの角度がついているチャートパターンと思っても良いかもしれませんね。

 

 

N波動(エリオット波動)

エリオット波動というものがあって、トレンドには波動があると言われています。それがNに見えるのでN波動とも言われます。

Nを少し斜めにした状態ですね。下落トレンドだと逆Nになります。トレンドが続くのであれば、またNが形成されます。

 

 

チャートパターンについて知っておくべきこと

 

チャートパターンを見つけるには?

チャートパターンを見つけるにはラインを引いてみると良いでしょう。

ラインを引くとどこが意識されて、ネックラインになっているかとか、チャートパターンに当てはまっているかどうかが分かりやすくなります。

水平ラインや斜めのライン等を引いて、色々な時間足で見つけてみて下さい。引く場所は直近の高値や安値がおすすめです。かなり意識されやすいです。

 

 

チャートパターンを信じ過ぎるのは危険?

チャートパターンはチャートによく出てくる形です。このままいくとあのチャートパターンになりそうだなと思って、トレードすると逆に動いて負けてしまうなんてことはよくあります。

私も最初はしました。

信じ過ぎないけれども、その可能性はあるな、くらいの気持ちで観察しましょう。すると意識されるポイントが分かってきて、入るべき場合と入らない方が良い場合がわかるようになってきます。

 

 

長い時間足でのチャートパターンの方が信頼度が高い

1分足や5分足、15分足より4時間足や日足で形成されたチャートパターン方が信用度が高いです。それでも100%ではありませんが、短い時間足よりは断然信用できます。

逆に短い時間足だとダマしが多く、チャートパターン通りにならないことも多いです。長い時間足を見ながら、短い時間足で様子を見て、今はどうするべきなのかを判断するようにしましょう。

 

 

なぜチャートパターンが形成されるのか

チャートパターンは人の心理で作り上げられます。なんとなくみんなでこの形にしようと思って出来上がっている訳ではありません。

②で高値をつけて、③は①高値でサポートされ、④まで来たけど売りで意識している投資家が多かったのと、買ってきていた投資家たちのロスカットでネックラインを割ります。

戻ってきたけど①と③で意識されたラインがレジスタンスとなってそこからさらに下落していきます。

 

高値と安値が意識されるからこのような形を作っているんです。投資家たちはチャートパターンの形を意識している訳ではなく、チャートを分析して売買した結果がチャートパターンを形成しています。

他の投資家たちがどのようなことを考えてトレードをしているか、これからしようとしているかを考えると上達が早いかもしれません。

 

 

最後に

何度も言いますが、チャートパターンだけを見てトレードすると上手くいかないことも多いです。

チャートパターンだけでなくプライスアクションやエリオット波動、ダウ理論も含めてです。相場に必ずはありませんので、それを分かった上で知識を生かしトレードするようお願いします。

 

チャートパターンはラインを引くことで、エントリーするタイミングを測ることができます。

こちらの記事にいくつかトレードパターンをまとめましたので、良かったら読んでみて下さい。

トレンドラインを使ったトレード方法

水平ラインを使ったトレード方法