FXで勝てない辛い時に読んで欲しい

FXをしていると、誰にでも勝てない時期が絶対にあります。そんな時にこの記事を読んで欲しいと思います。

 

FXで勝てない辛い時期に読んで下さい

FXで勝ち続けるのは思っているよりも難しく、プロでも日々向上していかなければなりません。FXで勝てている人でも負けることもありますし、勝てるようになるまで何度も負けを経験してきています。

個人的に思うFXで勝てない時に考えるべきこと、どのようなことをするといいかを紹介します。

 

FXで勝てないのは当たり前

FXで勝ち続けることは簡単ではありません。私は最も難しい仕事、ゲームだと思っています。

それを片手間でやったり、始めてすぐに勝てるようになる訳がありません。どんな勝っているトレーダーでも負けを重ねて、自分なりに分析し、何度も諦めそうになったけど諦めなかった結果、勝ち続けられるようになっているのです。

 

ゲームも初見では上手くできないものです。でもパターン認識や攻略法を見つけてクリアしますよね。

FXもそれと同じです。FXというか何をするにしてもできないのは当然です。できないことを何度も自覚し、それを乗り越えていく人だけができるようになります。

 

ただFXはその壁がとても高く、攻略法やパターン認識などもかなり難しいです。それを理解してできるようになるまで、かなりの経験と時間とお金を要します。

だからそこにたどり着くまでに諦めてしまう人が多いのです。それを乗り越えられればFXで勝ち続けられるトレーダーになることができます。

 

 

FXで損失は誰でも出すことを理解する

どんなプロトレーダーでも損失を出します。しかも負け続けることもあります。これはどんなトレーダーにも共通することです。

でもプロはトータルでは勝っているんです。トータルで勝てると分かっているから、負けたとしても勝つための一部として受け入れます。

 

FXを勉強している人の中には勝率を以上に気にしたり、できるだけ負けないことを心掛けている人がいます。プロでも損失を出すのは当たり前の世界で、まだ勝ててもない人が損失を嫌がるのは何かおかしいですよね。

そのような人たちは相場を理解していないと思います。どうトレードしても損失を避けることはできません。自動売買、優秀なインジケーター、ヘッジファンドなど機関投資家などのプロたちも同じです。

 

損をするのは当然なんです。まずは損失を受け入れましょう。損を避けようとしてどんなトレードをしてしまっているのかを考えてみましょう。

人は損をするのが嫌いです。損はしたくないし、利益は早く確定させたい生き物なんです。でもその考え方だと相場の世界では生き残ることは難しいでしょう。それを理解できない方は、まずはプロスペクト理論について学んでみましょう。

FXとプロスペクト理論の関係とは?克服方法も紹介

 

 

FXで負けることは退場と諦めること

FXで負けるということは損失を出すことではありません。損失は勝つための一部です。自分に投資と考えて下さい。

FXで勝つには、自分の勝てるトレードと負けるトレードを知らなければいけません。それを知らなければいつまで経っても勝てるようにはならないでしょう。

 

それを知ると自分のトレード傾向などがわかるようになります。勝てるトレードと負けるトレードを知るにはどちらも経験しないといけません。

ということは損失は必要ということです。必要経費ですね。学費と思っても良いでしょう。FXは勉強代が高いんです。

 

つまりFXで負けるというのは損失ではなく、FXで成功することを諦めてやめることか、資金を失って退場することです。どちらにしろFXをやめることが負けるということです。

それ以外は必要な経験なので、負けではありません。負けや勝ちから学んで下さい。トレード記録をつけると自分の傾向や勝ちパターン、負けパターンを分析しやすいですよ。

FXのトレード記録おすすめの付け方

 

 

一旦FXから離れてみるのも大事

FXで勝てないことが続いている時は精神的に追い込まれていると思うので、一旦数時間、数日離れることも必要です。

画面から離れると冷静になり落ち着きます。特に勝てない時は感情的になっている場合が多いので、一度少しの期間でいいので相場から離れてみると、連鎖を止めることができたりします。

 

プロでも同じようなことをしている人は多いです。画面の前にいると取り返そうと必死になってエントリーできるところを無理やり探してしまうものです。

そうならないためにも離れた方が良いですし、FXで勝ち続けるためにはそういう時間も時には必要なのです。

 

実際私も最長で数日間離れていたことがあります。始めたころは調子良く勝っていたのですが、しばらくすると勝てない時期が続いて、何をどうしたら良いのかわからなくなって一度離れたことがあります。

当時やめるつもりはありませんでしたけど、このまま続けていても仕方ないなと思って離れてみることにしました。それがどのような影響を及ぼしたかはわかりませんが、その後割とすぐに復活することができました。

この時の私の経験はこちらの記事にまとめてありますので、良かったら読んでみて下さい。

私のFXの失敗経験談【初心者編】

 

 

やめないことを決める

やめることはFXで負けることを意味すると先ほど言いました。やめなければ勝ち続けられる訳ではありませんが、勝ち続けるにはやめてはいけません。

やめないことを決めると、勝てなくて辛い時もこれは勝てるようになるまでの一部と思うことができます。

 

気持ち的に少し楽になりますよね。さらにFXをやめないことを決めることによって、どうすれば勝てるようになるかを真剣に考えるようになります。

FXで勝てるようにならなければサラリーマンで食っていけばいいし、どちらか稼げる方でやっていこう、みたいな考え方の人はおそらくFXで勝てるようにはならないでしょう。

「FXで勝てるようになる」それ以外は考えないくらいの気持ちが必要だと思います。そのためにもFXをやめないと決めることはプラスだと思いますよ。

 

 

努力の方向が間違っていないか

FXに限らずですが、自分では一所懸命頑張っているつもりでも、本質からずれている自己満足の努力をしてしまう人がいます。

「どうしていくら頑張っても上手くいかないんだろう」と考えたことある人は努力の仕方が間違っているのかもしれません。

 

自己満足でいくら努力をしても、成果が出る可能性は低いでしょう。何かに挑戦する時や目標に向かって努力している時は、その努力が間違っていないかを確認しないといけません。

自分では気づきにくいことなので、師匠的な存在がいれば注意してもらうことができます。

 

ただ誰もが師匠的な存在がいる訳ではないので、そのような場合は自分で気づくしかないでしょう。同じ志を持った人がいたとしても、その人が同じレベルの人であれば良いアドバイスをしてくれるかわかりませんからね。

何度も確認して、余計な努力をしていないか、これを努力してその後どう活きてくるかなどを考えて努力していって下さい。

FXで勝てない原因はあなたにあります

 

「自分の努力の方向が正しいのかわからない」「誰かのアドバイスが欲しい」という方は問い合わせから連絡して下さい。

私で良ければ可能な限りでお応えしたいと思います。