水平ラインを使ったトレード方法

重要なテクニカル分析の一つ、水平ラインの引き方やトレード方法、注意点などをこれからFXを始める方、FX初心者の方向けに分かりやすく解説します。

 

FXテクニカル分析【水平ライン編】

水平ラインを使ったトレード方法の前に、水平ラインの知識が不十分だと思う方は、最初に注意点や使い方、引き方の解説を読んでから読み進んでいくことをおすすめします。

 

水平ラインとは?

水平ラインはFXのテクニカル分析で基本中の基本で、色々な場面で使われる水平の1本のラインのことです。レジサポラインとも言ったりします。

FXのチャートには縦のラインと斜めのラインと水平のラインを引くことができます。

インジケーターは自動で計算して表示してくれますが、ラインは自分で好きなところに自分で引きます。線は色や太さ、形状など変えることができます。

 

水平ラインを引く理由は、自分で相場を分かりやすく把握するためです。ローソク足だけだと相場の状況を理解しにくいので、ラインやインジケーターを使って分かりやすくします。

把握できるのであればラインは引かなくてもいいですし、むしろ邪魔になることもあります。

 

 

どんな風に使うの?

水平ラインの使い方は、

  • 高値、安値
  • 何度も意識されているところ
  • ネックライン
  • レンジの上下限

など色々なところに引いたりします。

 

チャートを見て何度も意識されてそうなところに水平ラインを引くと、その後も何度もそのラインが意識されて、そこをポイントに価格が止まったり、下げたり、上がったりすることもあります。

ラインを引いても意識されなかった場合は、そのポイントを意識している投資家が少なかったということがわかります。

 

たくさんの投資家がそこを意識するから引いたラインで反発したり、何度も意識されるような動きが見られるのです。

チャートを見ていると意識されているポイントは分かるようになってきます。すると相場の節目が分かるようになってきて、トレード戦略を練りやすくなります。

 

 

水平ラインの引き方

水平ラインの引き方はハッキリとは決まっていません。水平ラインは別に引かなくてもいいのです。

ただ、ラインやインジケーターを表示するのは、自分でチャートを見て視覚化して分析しやすくするためです。それが必要ない人は表示させなくていいのです。

 

  • ローソク足の実態
  • ローソク足のヒゲ
  • 直近の高値、安値
  • なんとなく領域として

引き方はこんなところでしょう。実態を目安にラインを引く人、ヒゲを目安にラインを引く人、とにかく直近の高値、安値にこだわる人、なんとなくこの辺が意識されているなでラインを引く人などがいます。

私はこの全部を使っています。その相場の状況に合ったラインの引き方をします。

 

自分でここに引くと決めている人もいるので、自分に合ったラインの引き方をしたらいいと思います。正解や間違いはありませんからね。

ラインを引いて、そこからどうトレードするかが重要です。そこを忘れてラインの引き方ばかり気にしても仕方ないんです。

 

私は水平ラインは特に長い時間足に引く場合は、ヒゲや実態にこだわらなくて良いと考えています。抽象化して、この辺が意識されやすい領域だなと分かりやすくするために引いています。

ただ、ラインの引き方は自由なので、自分のトレードでやり易いように引くと良いと思います。

 

 

レジスタンス・サポートの例

ラインが意識されてラインでサポートされたり、ラインでレジスタンスされたりします。何度もレジスタンスやサポートされているラインはその後も意識されやすいポイントとなります。

実際にチャートを見てみましょう。

サポートになっていましたが、それを抜けて次にレジスタンスされていますよね。この後にも何度もこのラインで意識されると、より意識されやすいポイントとなります。

赤い〇がサポートで、黒い〇がレジスタンスです。何度も意識されていますよね。このラインはきいていると考え、このライン際を利用してトレードする投資家が多くなります。

 

 

長い時間足の方が意識されやすい

水平ラインは長い時間足であればあるほど意識されやすくなります。1分足で何度もレジサポされているラインより、日足で何度もレジサポされているラインの方が意識されやすいです。

大きな節目となりやすく、反発もしやすいですし、そこを超えると一気に抜けていくことも考えられます。

 

長い時間足でのレジサポラインはかなり重要視して良いと思います。短期の時間足の水平ラインが全く必要ない訳ではありませんが、大きな節目を把握するには長い時間足での水平ラインをおすすめします。

その重要なラインを意識したうえで、短期の時間足で水平ラインを引き、細かい分析をしていくのはアリだと思います。

 

例えばこちらの画像は5分足です。何度もレジサポされていますよね。確かに意識されています。次にこの部分を1時間足で見てみます。

この黒い枠の中の動きが5分足の先ほどの画像で、ラインも同じ位置に引いてあります。

1時間足だとその後はさほど意識されているようには見えませんよね。5分足で意識されているところが長期の時間足では意識されにくいのです。

長い時間足のレジサポラインは短期の時間足でも意識されることが多いです。重要なラインとそうでないラインを使い分けるのもテクニカル分析です。

 

 

水平ラインを引き過ぎてしまう【注意】

レジサポされている意識されやすいポイントを探し、水平ラインを無理してたくさん引いてしまう人がいます。

人にもよると思いますが、ごちゃごちゃして見にくくなりますし、どれを意識して良いかわからなくなります。

この画像にさらにインジケーターやトレンドラインなど引く訳ですからね。ローソク足が見えなくなってしまいます。

 

ラインは引くとキリがないんですね。いろんなところが意識されているように見えてしまいます。多分すべてのラインで意識はされています。

ただ、意識される強弱が違います。特に強く意識されている部分にはラインは必要ですが、意識されている力が弱そうな部分は無理して引かない方が余計な情報が入ってこないのでおすすめです。

 

 

高値、安値はかなり重要

  • 前日の高値安値
  • 先週の高値安値
  • 前月の高値安値
  • 直近の高値安値
  • 押し安値、戻り高値

これらの高値安値はかなり意識されやすいポイントです。高値安値はダウ理論でも重要項目ですからね。

多くの投資家が注目しているポイントなので、ラインを引くか、意識しておくべきポイントだと思います。

 

そのラインで反発するか、高値を切り上げるのか、安値を切り下げるのかで、その後の相場の状況を予測しやすくなります。

高値安値はどの時間足でも重要なので、全ての高値安値にラインは引かないにしろ、意識はしておくべきです。トレード方法にもよりますが、日足以上は特に意識して良いと思います。

 

 

キリ番

キリ番は意識されやすいポイントです。キリがいい数字のラインです。

ドル円なら111円、110円、109円、108円、108.5円、107円、107.5円などです。ここは割らないだろうとか、割ったらとか、色々な人の思惑があって売買されやすくなります。

ラインを引かなくても気付けるようであれば引く必要はないと思います。ただ、割と意識されるので、押さえておくポイントではあります。

 

 

水平ラインを使ったトレード方法

水平ラインを使った基本的な考え方です。基本なのでそのままトレードをすることはおすすめしません。ただこれを使って応用すればFXで勝つことはできます。

 

レンジブレイク

レンジの上下限に水平ラインを引いて、ラインを抜けた方向にエントリーです。

赤い枠内でレンジを作り、下に抜けたらそのまま下落して行ってますよね。安値ラインを抜けて、一度戻ってきて、レジスタンスされて下がっています。

レンジブレイクにはダマしと呼ばれるものもあるので、「レンジを抜けたらエントリー」をしていればダマしに引っ掛かり、痛い目に合うこともあるので注意が必要です。

黒い水平ラインでレンジを作っていますが、赤い枠のところでブレイクしています。ブレイクしてもすぐに戻され、レンジが継続されました。

赤い枠で売っていた人は大変ですね。次に上にブレイクしましたが、すぐにレンジに戻されます。

 

しかし、再度ブレイクするとそのまま上昇していきました。2回ダマしがありましたね。

細かく見ると若干ラインを割っている部分が他にもあるので、ラインを少しでも割ったらエントリーは危険なのでやめることをおすすめします。

 

レンジブレイクのダマしを回避する方法は「待つ」ことです。一度抜けてラインがレジサポになったのを確認してエントリーします。

もしレジサポにならずにそのままレンジに戻ってくるか、そのままブレイクし続けた場合はエントリーしません。勝てるところだけ勝っていきます。

 

 

ダブルトップ・ダブルボトム

チャートパターン「ダブルボトム」、「ダブルトップ」に水平ラインを引いてトレードします。

ダブルトップ、ダブルボトムなどのチャートパターンにも水平ラインを引けるので、チャートパターンの種類は把握しておきましょう。

FXのチャートパターンの種類

 

これはダブルボトムですね。一度安値を更新して、再度試しに行きましたが、安値更新できず下げ止まりました。ローソク足のヒゲや上昇を確認して買いでエントリーです。

エントリーした後、安値を更新する動きをした場合は潔く損切します。

不安な方はこの画像に引いたネックラインを超えてからでも良いと思います。ネックラインも意識されているので、しっかりと抜けたことを確認してから買いでエントリーします。

ただ、この場合損切の位置が安値下ならかなり損失が大きくなってしまうので注意です。

 

ヘッドアンドショルダーでも同じようにトレードができます。

左肩を直近高値として、頭が作られて直近高値(上のライン)を割ったらエントリーです。一度抜けてレジスタンスされていますね。そこからエントリーの方が精神的に不安にならなくて良いでしょう。

そこでエントリーできなかった場合は、ネックライン(下のライン)抜けでエントリーです。

 

 

レジサポを利用してトレード

レンジブレイク、ヘッドアンドショルダーを例に解説しましたが、レジサポされていましたよね。ラインを抜けて、一度ラインまで戻ってきてからブレイクしています。

この動きを利用すると様々なところでトレードすることができます。

意識されているラインがあるとして、そのラインを超えて一度戻ってきたら買いでエントリーです。単純ですが割と使えるトレード方法です。

ポイントはライン抜けですぐにエントリーしないことです。一度持ってきて反発が見れたところをエントリーします。

 

そうすることでダマしも回避しやすいですし、ポジションの保有時間が短くなって精神的に楽です。ラインまで戻ってきても反発が見られない場合はエントリーしません。

そのまま抜けてしまう可能性があるからです。一番良くないのはラインを抜けたらすぐエントリーすることです。

 

 

何度も意識されたラインを抜けるとブレイクしやすい

何度もレジスタンス、サポートされているラインは抜けると、大きくブレイクしやすいです。

この画像は4時間足です。4時間足で何度もサポートされて意識されているのが分かります。この画像の前でも意識されていました。

その意識されたラインを割ると今まで買い支えていた人たちのロスカットが入って、大きくブレイクしています。

大きな時間足でなくても、何度も意識されたポイントは簡単には抜けませんが、抜けた時は大きく動くのでチャンスです。そこを狙ってライントレードするのも良いでしょう。

 

 

押し目・戻し

トレンドはずっと上がり続けたり、下がり続けたりはしません。押し目や戻りを作りながら上昇、下落をしていきます。

その押し目や戻りをラインを使って把握して、トレンドに乗っていくトレード方法もあります。

押し安値になっていますね。ラインを割ったらトレンド終了の可能性が高くなります。

ラインを反発するような動きを見せれば上昇に乗ってエントリーで、ラインを割れば逆張りでエントリーすることもできます。

これらの他にも水平ラインを使ったトレード方法はあります。

 

 

水平ラインは様々な使い方がありますし、どのような相場でも使うことができます。

個人的にはテクニカル分析の中でもかなり重要度は高いと思っているので、水平ラインは使いこなせるようになることをおすすめします。

ポイントはどこが意識されているかです。

 

ライン以外にもテクニカル分析はいくつもあります。移動平均線などのインジケーター、ローソク足、プライスアクションなどは基本中の基本です

トレンドラインを使ったトレード方法

移動平均線の使い方を分かりやすく解説

ローソク足の意味や種類をわかりやすく解説