スワップ金利の意味とは?わかりやすく解説

FXにはスワップポイントというものがあります。スワップポイントの意味を初心者にもわかりやすく解説し、トレードにどう生かせば良いか紹介していきます。

 

FXのスワップ金利とは?

 

スワップ金利って何?

FXには利息のようなものな利益を得られて、それをスワップ金利とか、スワップポイントと言います。

取引する際に2つの通貨を売買すると思いますが、国には決められた国債金利があって、その取引している2か国の金利差を利益としてもらうことができます。

 

例えば、日本が0.1%でアメリカが2%の金利だったとします。この場合2-0.1=1.9%の利息を得られます。日本の場合金利が極端に低いので、金利が高い国と取引をすればその分大きな利息を得ることができます。

ただし、1つ注意があります。

 

 

買いか、売りかで、スワップ金利を貰えるか払う

取引すればかならずスワップポイントを貰える訳ではありません。買いか、売りどちらを選ぶかでそれが決まります。

ドル円の場合、買いで入るとスワップ金利をもらえます。金利が安い方の通貨を売って、高い方の通貨を買った場合スワップ金利をもらうことができます。

 

逆にドル円で売りで入ると、貰えるはずのスワップ金利を払うことになります。金利が高い方の通貨を売って、安い方の通貨を買った場合スワップ金利を払うことになります。

例えばオニュージーランドドルやーストラリアドルと円の取引は売りか買いかで、たくさんのスワップポイントをもらえるか、たくさんのスワップポイントを支払うかになります。

 

 

スワップ金利を貰う、払うタイミング

取引すればすぐにスワップ金利を貰える訳ではありません。日をまたいだ時にもらえます。なのでスキャルピングやデイトレードなどの短期トレードをする人には関係のない話ですね。FX業者によって若干時間が異なります。

FX業者 スワップ付与時間(通常) スワップ付与時間(サマータイム)
DMMFX 火~土・6:50~7:10 火~土・5:50~6:10
みんなのFX 火~土・6:50~7:10 火~土・5:50~6:10
YJFX! 火~土・6:55~7:00 火~土・5:55~6:00
SBIFXトレード 火~土・6:30~7:00 火~土・5:30~6:00
外為ジャパン 火~土・6:50~7:10 火~土・5:50~6:10
FXトレード・フィナンシャル 火~土・6:55~7:05 火~土・5:55~6:05
マネーパートナーズFX 火~金・6:55~7:10

土・6:50~7:10

火~金・5:55~6:10

土・5:50~6:10

GMOクリック証券 火~土・7:00 火~土・6:00
ヒロセ通商(LIONFX) 火~土・7:00~数分間 火~土・6:00~数分間
アイネットFX 火~土・7:00~7:05 火~土・6:00~6:05
外為どっとコム 火~金・7:10 火~土・6:10
楽天証券 火~土・7:00~数分間 火~土・6:00~数分間

※ 変更の可能性もありますので、念のため利用するFX業者での確認を再度お願い致します。

 

何日もポジションを保有するスイングトレードをする人は意識しなければいけない問題です。ドル円で何か月も売りで持っていれば、スワップ金利だけで相当な損失となってしまいます。

逆に買いで何か月も保有していれば、持っている間毎日スワップ金利をもらい続けることもできます。スイングトレーダーなどの長期投資家は、そういったことを踏まえた上でトレードの戦略を考えて行かなければいけません。

 

 

土日はスワップポイントがもらえない?

土日は基本的に為替市場はお休みなので、スワップポイントは付与されません。土日にもポジションは持っているのに貰えないのはおかしな話ですよね。

安心して下さいちゃんと貰えます。土日に付与されない代わりに、土日に入る前の木曜日など(業者によって異なる)にまとめてもらえるようになっています。

祝日などの連休があればその分まとめてもらえることができるんです。付与される曜日は様々です。

FX業者 スワップ金利がまとめて付与される曜日
DMMFX 水曜日
みんなのFX 水曜日
YJFX! 水曜日
SBIFXトレード 木曜日
外為ジャパン 木曜日
FXトレード・フィナンシャル 木曜日
GMOクリック証券 水曜日
ヒロセ通商(LIONFX) 木曜日
アイネットFX 金曜日
外為どっとコム 金曜日
楽天証券 水曜日

※ 変更の可能性もありますので、念のため利用するFX業者での確認を再度お願い致します。

 

 

為替差益を忘れずに

スワップ金利ばかりを狙って、為替差益で大きな損をしていては本末転倒です。レートがレンジで全然動かない場合、損益はなくてもスワップ金利だけ毎日貰うことができます。

ドル円で買いで入ったのに下落トレンドになって、どんどん損失が膨らみながらスワップ金利をもらっても仕方がないというか、損が大きくなっていくだけです。

 

それでも長期的に見たら為替差益でも利益を上ると思っているならそれでも良いと思います。ただ、スワップ金利ばかりに気を取られて、メインの為替差益を忘れてしまうのは危険です。

基本はメイントレードを重視で、そこからスワップ金利のことを考えて取引しましょう。

 

 

金利は変動する

金利は常に変動します。いきなりそこまで大きくは変動しませんが、FX業者によっても違いますし、変動もします。スワップ金利狙いなら常に確認しておかなければいけませんね。

スワップ金利を気にしない人には関係のない話ですが。

 

 

海外FX会社と国内FX会社のスワップポイントの違い

国内FXの方がスワップポイントは大きい?

国内FX業者と海外FX業者のスワップポイントを比べると、日本のFX業者の方が大きいことが多いです。

これには理由がありまして、日本ではDD方式といって、インターバンク市場直結で取引していないので、手数料がかからないのでスワップポイントを大きくできたり、スプレッドを狭くできます。

海外ではNDD方式といって、インターバンク市場直結で取引しているので、スプレッドやスワップポイントが手数料となるため、スワップポイントが小さくなったり、スプレッドが広がってしまいます。

 

国内の方が良いと思われる方もいると思われますが、インターバンク市場直結ではないのは透明性が低く、信用度はあまりありません。

そして、この仕組みだと国内FX業者は客が損すれば損するほど会社が儲かります。海外FX業者は客が取引すればするほど会社が儲かります。どちらが良心的か考えればわかりますね。

 

 

海外FX業者は高いスワップポイントの通貨の種類が多い

取り扱われている通貨ペアはFX業者によって異なります。国内と海外でも異なります。

海外では取り扱っている通貨の種類は比較的多く、スワップポイントの金利差が大きい通貨を取り扱っていることもあります。国内では取り扱っていなくて、海外では取り扱っている通貨も多数あります。

 

日本のFX業者は基本的に顧客対象を日本人しか考えていませんので、取り扱う通貨ペアも多くないのかもしれませんね。さらにレバレッジが高いので、スワップポイントを大きく狙うこともできますね。

海外FXと国内FX業者の違いは他にもたくさんあります。トレードする前に知っておかなければいけないことはこちらの記事を読んでみて下さい。

海外FX、国内FXの違いとは?どちらが良いの?

 

国の金利の比較

もちろん金利も変動がありますので、なんとなくで押さえておいて下さい。スワップポイント狙いで取引する際は、もう一度スワップポイントを確認してからにしましょう。

数値は変動しますので記載していません。

金利が高い国

  • トルコ
  • 南アフリカ共和国
  • メキシコ
  • ブラジル
  • ニュージーランド
  • オーストラリア
  • ロシア
  • インド
  • 中国

新興国が多くなるので、レートが激しく、為替差益のリスクも高いことがわかります。スワップポイントが高いからといった安易な考えだけで、スワップポイント狙いのトレードをするのはおすすめしません。

 

金利が低い国

  • EU
  • 日本
  • イギリス
  • スイス

 

 

スワップポイント狙いでトレードするなら気を付けること

トレードの損失

先ほども言いましたが、為替差益が損失も考えなければいけません。損失が大き過ぎてはスワップポイント狙いが馬鹿らしくなってしまいます。

トレードでも利益を出せて、スワップポイントでも稼げるようなポイントで取引するようにしましょう。そうでなければ普通にトレードした方が良いかもしれませんね。

 

 

スワップポイントをもらう前に決済

スワップポイントをこのままいけば貰えるのにもかかわらず、付与されるタイミングを忘れていて、付与される前に決済してしまってはもったいないです。

ただ、もらえる予定のスワップポイント以上に為替差益で損失を出すかもしれないと感じたなら、付与される時間よりも早く決済してしまいましょう。ダラダラ運に任せるのは危険です。

 

ワップポイントだけを狙って、付与される少し前の時間で取引する人が増え、価格が動くことがあります。その反対にスワップポイントがついたらすぐにポジションを決済する人もいます。

これに乗っかれば上手くスワップポイントをもらうこともできるかもしれませんね。

 

 

長期でポジションを持つ

スワップポイント狙いのトレードであれば、長期的な視点で、大きな利益は狙えません。リターンが少ない分、リスクは犯すべきではありません。

資金にはゆとりがあり、その中である程度のレバレッジをきかせ、為替差益では損をせずにスワップポイントをいただきます。為替差益で負けてはいけません。

 

それまでずっと保有です。それに耐えることができる資金とプランを持ってから、スワップポイント狙いのトレードをすることをおすすめします。

為替差益とスワップポイント、どちらもいただくのが一番嬉しいんですけどね。少しハードルは高いです。あまりスワップポイントは気にせず、まずはメイントレードで勝てるようになることを最もおすすめします。

 

 

スワップポイントだけの出金はできない

スワップポイントを何日も何週間ももらい続けて、数十万円稼いだとします。為替差益では数十万の損失を出しています。決済しないでスワップポイントだけ出金することはできません。

スワップポイントをもらっているポジションを決済しないと、スワップポイントで稼いだ利益は出金できません。

 

 

初心者がスワップポイント狙いのトレードをすべきか

結論から言うと、初心者がスワップポイント狙いのトレードはすべきではないです。そんなに簡単な世界ではありません。資金が山ほどある人は試してみても良いでしょう。

しかし、そうでない方は地道に上手くトレードできるように練習していき、余裕が出てからスワップポイント狙いだとか、他のことをしたら良いと思います。

まずは通常のトレードです。

 

 

初心者の方やこれからFXを始める方が、スワップポイントの大きさでFX口座を選ぶのはどうかと思います。

他に比較すべき点や重要視するべき点があるので、こちらの記事で勉強してから口座を開設することをおすすめします。

FX口座の選び方|初心者にもわかりやすく解説